BLOG

ブログ

Yunmu■二十四節気便り■2020年3月「啓蟄」「春分」号

★★ 今月のメニュー ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★

★二十四節気「啓蟄」と七十二候 ★二十四節気「春分」と七十二候
★3月の花 ★3月の別名 ★3月の誕生石 ★3月の行事食
★今月の方位盤と展望 ★3月の祐気方位と象意 ★3月の剋気方位と象意
★今月の干支を持つ人は? ★Yunmu Shopping ★まぐまぐ配信中!

★★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★

二十四節気「啓蟄」けいちつ

3月5日11時57分「啓蟄」です。旧暦2月、卯(う)の月の正節で、新暦では3月5日か6日頃。天文学的には、太陽が黄経345度の点を通過するときをいいます。

この頃になると、冬の間、土中で冬籠もりをしていた虫たちが穴を「啓いて」(ひらいて)地上へ這い出してくることから「啓蟄」(けいちつ)と呼ばれます。暦便覧には「陽気地中にうごき、ちぢまる虫、穴をひらき出ればなり」と記されています。

またこの頃は、春雷がひときわ大きくなりやすい時期でもあります。そこで昔の人は「冬籠もりの虫が雷の音に驚いて這い出してくるのだろう」と考え、春雷を「虫出しの雷」と名付けたりもしました。

日足も目に見えるように長くなり、日の光の中に春を強く感じるようになります。「蟄」(ちつ)は「ちゅう」の慣用読みで、土の中に虫などがかくれているの意。中国では「驚蟄」と書き、日本でも使われることがあります。

「八卦」(はっか)の「震」(しん)は、六十四卦「震為雷」(しんいらい)「震下震上」(しんかしんしょう)で構成され、一陽が生じて前進する様をあらわします。「始動の時」を卦象とし、象意は雷・龍・足・長男・若い男性などをあらわします。

雷の発生は、地表で大気が暖められることなどによって発生した上昇気流によります。空気中の湿度が多いと水蒸気が発生して雲になります。この水蒸気は、高空に達すると氷結して摩擦が起こり、静電気が生じます。

この時、雲の上層には「正(+)の電荷」、下層には「負(-)の電荷」が蓄積され、上層と下層の電位差が大きくなり、ある一定を超えた時、空気の絶縁を越えて両者間で放電が起こります。下層の「負の電荷」が増大すると、地上では「正の電荷」が誘起され、この場合も電位差がある一定を超えると放電が起こります。

これは「稲妻」のことですが、稲の頃に起こるので稲妻という名前が付いたとか。電子は上から下に流れ、電流は下から上に流れます。

古来より、「雷」は「神」と結びつけて考えられていました。ギリシャ神話のゼウス、ローマ神話のユピテル、バラモン教のインドラなどは、天空の雷神です。日本神話では、雷を「神鳴り」といい神々の為せる業と見なしていました。

「雷電神社」「いかづち神社」などがあり、「火雷大神」(ほのいかづちのおおかみ)や「大雷大神」(おおいかづちのおおかみ)を祀っています。

方言では「かんだち」とも言い、「神立ち」即ち神が示現するの意。ちなみに雷除けに人々が唱える「くわばらくわばら」とは、菅原道真の屋敷(京都の桑原)が、落雷の被害を一度も受けなかったことに由来するといわれています。桑の木は神聖な力を持つという信仰もあります。

雷神を表現した美術絵の代表に、京都建仁寺の障壁画、彫刻では京都三十三間堂や日光東照宮などが有名です。

「七十二侯」

◆初候「蟄虫啓戸」(ちっちゅう こをひらく・すごもりむし とをひらく):冬籠もりの虫が出て来る。◇土の中に穴を掘って隠れていた虫たちが、土の扉を開け広げて出てくる時節。

◆次候「桃始笑」(もも はじめて わらう・もも はじめて さく):桃の花が咲き始める。◇ようやく春らしくなって桃の花が咲き始める時節。

◆末候「菜虫化蝶」(なむし ちょうと けす・なむし ちょうと なる):青虫が羽化して紋白蝶になる。◇成長した菜虫(青虫)が羽化して紋白蝶になる時節。菜虫=大根・かぶらなどのアブラナ科の野菜類を食べる昆虫の総称。特に紋白蝶の幼虫をいいます。

★★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★

二十四節気「春分」

3月20日12時50分「春分」です。旧暦2月、卯(う)の月の中気で、天文学的には太陽が黄経0度「春分点」を通過するときをいいます。

この日、太陽は真東から昇って真西に沈み、昼と夜の長さがほぼ等しくなります。この日を境に昼がだんだん長くなり、気温も上昇していきます。「暑さ寒さも彼岸まで」といわれる所以です。

この日を「春の彼岸の中日」といい、国民の祝日「春分の日」となっています。

「七十二候」

初候◆雀始巣(すずめ はじめて すくう)◇春の気ますます盛んとなり、雀が巣を作り構え始める時節。

次候◆桜始開(さくら はじめて ひらく)◇本格的な春となり、ようやく桜の花が咲き始める時節。

末候◆雷乃発声(らい すなわち こえを はっす)◇遠くで雷の音がし始める時節。

★★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★

「3月の花」

「沈丁花」 じんちょうげ (Winter daphne)

学名:ダネフ ジンチョウゲ属 沈丁花科 漢名:瑞香 別名:輪丁花

ギリシャ神話の女神の名で、「月桂樹」(げっけいじゅ)のギリシャ名でもあります。葉の形が似ていることからジンチョウゲ属の属名にも使われています。

開花時期は3/1~3/末頃で、3月の開花ラッシュの始まりを告げる花として知られます。花びらに見える部分はガクで、外側はピンク色、内側は白色。両側とも白色の種もあります。原産は中国南部。日本には室町時代に渡来しました。

常緑低木で剪定はあまり必要ありません。移植を嫌うので、挿し木で増やしたり移動させたりすることがあります。日陰気味の場所を好みます。雌雄異株ですが、日本にはほとんど雄株しかないので、花が咲いても実を結びません。

香りは「沈香」(じんこう)という香りに似ていて、葉の形が「丁子」(ちょうじ)という植物に似ていることから「沈丁花」と呼ばれます。夏の梔子(くちなし)、秋の金木犀(きんもくせい)に並び、遠くまで上品で甘いいい香りを届けます。

花のように見えるのは、花弁ではなく萼で、これを採取して日干ししたものを、漢方では「瑞香花」と呼び、うがい薬として用いられています。花の煎じ汁は、歯痛・口内炎などの民間薬として使われ、枝の繊維は紙の原料にもなります。

花言葉は「栄光」「不死」「不滅」「優しさ」「おとなしさ」など。

「沈丁花 いまだは咲かぬ 葉がくれの くれなゐ蕾 匂ひこぼるる」/若山牧水

★★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★

「3月の別名」

弥生(やよい)は、弥(いや)生(おい)のこと。弥は、いよいよ、ますます、の意。生は、生い茂る、草木が芽吹くの意。草木がだんだん芽吹き生い茂ってくることから「弥生」といいます。

他に、花月(かげつ)、嘉月(かげつ)、花見月 (はなみづき)、夢見月(ゆめみつき)、桜月(さくらづき)、暮春(ぼしゅん)、かげつ(花月)、季春(きしゅん)、晩春(くれのはる・ばんしゅん)、建辰月(けんしんづき)、早花咲月(さはなさきつき)、蚕月(さんげつ)、宿月(しゅくげつ)、桃月(とうげつ)、花見月(はなみづき)、春惜月(はるをしみつき)、雛月(ひいなつき)など。

★★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★

「3月の誕生石」

アクアマリン aquamarine 和名=藍玉・水宝玉

青色のベリル(緑柱石) 名前は、ラテン語の「海水」の意

化学組成はベリル(Beryl)の主成分であるアルミニウム珪酸塩と、色の成分であるベリリウムでできています。結晶系は六方晶系、モース硬度は7と1/2。緑のエメラルドや黄のヘリオドールを熱処理(トリートメント)によってアクアマリンの色に変化させる事が可能。

ブラジルのサンタマリア鉱山で採掘される深いマリンブルーの石が最高品質とされていますが、現在は枯渇状態。最近では他の鉱山でもこれと同様の品質の石が採掘されており、現在ではこの深いマリンブルーの物を一般的に「サンタマリア」若しくは「サンタマリア・アフリカーナ」と呼んでいます。

エメラルドより低価格で、市販品の多くは緑色から黄褐色の緑柱石を熱処理したもの。主要原産地はマダガスカル、ブラジル、シベリア等。石言葉は、勇敢・沈着・聡明など。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ブラッドストーン bloodstone 和名=血石・血玉石・血玉髄

濃緑色半透明の玉髄で、赤い斑点を有するもの。名前は、赤い斑点が血を連想させることに由来。

ヘリオトロープ(heliotrope:太陽を呼び戻す石の意)とも。イエス・キリストが十字架にかけられたとき、傷口から鮮血が緑の大地にしたたり石に変わったという伝承があります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コーラル coral 和名=珊瑚

刺胞動物門に属する動物のうち、固い骨格を発達させるもの。宝石になるものや、サンゴ礁を形成するものなどがあります。

サンゴは生息海域が限られ、成長が遅いにもかかわらず現代において宝飾品需要が高まっているため、資源保護が課題となっています。古くから珊瑚が珍重され、密輸や乱獲が大きな問題となっている中国の申し入れにより、Paracorallium japonicum (アカサンゴ)、Corallium elatius (モモイロサンゴ)、Corallium konjoi (シロサンゴ)、Corallium secundum (ミッドサンゴ)の4種が「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(ワシントン条約)」附属書Ⅲ類に掲載されました。

日本では東京都、高知県、沖縄県などで各都県の許可を受けた漁船により年間5t程度のサンゴが採取されています。加工前の宝石サンゴの価格(2017年時点)は1kg 100万円以上と2011年比で5割以上高くなっており、乱獲防止のため採取方法の規制や禁漁期間が設定されています。

「珊瑚は金星と月に結びついた宝石」と言われ、船乗りや妊婦の厄除けとして珍重されてきた歴史があります。結婚35周年を珊瑚婚式とも。仏教における七宝の一つ。

★★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★

3月「旬の食材」

昔から「春の皿には苦味を盛れ」と言われます。

春の山菜、野菜には独特の苦味があります。苦味成分には、抗酸化作用のあるポリフェノールが豊富に含まれています。ポリフェノールは、活性酸素を除去し、老化の進行をおくらせる働きがあることがわかっています。他にアルカロイド類やミネラルなど、細胞を活性化させ新陳代謝を促進する成分が多く含まれています。

ホルモンバランスが変化する春、天然の苦味は、冬の間にたまった脂肪や塩分などの老廃物を排除し、体の変化をスムーズにする働きがあります。

ふきのとう、のびろ、うど、たらの芽、ふき、せり、葉わさび、花わさび、こしあぶら 、こごみ、うるい、わらび、行者にんにく、ぜんまい など。

苦味のある山菜は、天ぷらにすると苦味がやわらぎます。

★★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★

「暑さ寒さも彼岸まで」

「彼岸」とは、雑節の一つで、3月の春分、9月の秋分を「中日」とする前後三日を合わせた七日間のこと。もともと、この期間に行われる「彼岸会」のことをさしていました。

春分と秋分は昼夜の長さがほぼ等しく、この頃になると夏の暑さも冬の寒さも和らぎ、凌ぎ易く過ごしやすい気候になっていく。「暑い寒いも彼岸まで」「暑さ寒さも彼岸ぎり」「寒さ(暑さ)の果ても彼岸まで」とも。

「六波羅蜜」この世に生かされたまま、仏の境地に到るための六つの修行のこと。波羅蜜とは彼岸(悟りの世界)に到ることです。

1布施(ふせ)   他人にわけ与えることを惜しまない
2持戒(じかい)  戒律を保ち、してはいけない悪い行いをしない
3忍辱(にんにく) 困難に堪え忍び、怒りや恨みに流されず、辛抱強くやりとげる
4精進(しょうじん)怠け心をおこさず、何ごとにも精一杯努力を続ける
5禅定(ぜんじょう)坐禅により、おだやかで動じない集中した心を持つ
6智慧(ちえ)   ものごとの道理を正しく深く理解しようとする

3月17日(火) 彼岸入り
20日(金) 彼岸の中日 春分の日
23日(月) 彼岸明け

★★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★

2020年3月 己卯七赤金気中宮月 吉凶方位盤

月 建 = 卯【東】 五黄土気
天 道 = 坤【南西】四緑木気

月 破 = 酉【西】 九紫火気
暗剣殺 = 兌【西】 九紫火気
五黄殺 = 震【東】 五黄土気
定位対冲= 巽【南東】六白金気

※各自※「本命殺」=【   】     「本命的殺」=【   】

★★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★

「今月の展望」 3月5日~4月3日(節月 啓蟄~清明の前日)

二十四節気 「啓蟄」けいちつ 「春分」しゅんぶん
今月の干支 「己卯」つちのと・う
今月の九気 「七赤金気」しちせき・きんき

◆「己」つちのと・き 陰の土

「己」=紀(すじ)の意。草木が十分に繁茂して盛大になり、筋道や道理の整然となった状態を表します。

湿ったやわらかい土で、万物をよく貯えます。自然界では田園・畑・平地に例えられ、のんびりとして穏やかな情景を見せ、五穀の豊穣を約束し、百花の成長を促し、憩いを与えてくれます。質は柔順で平穏。大人しく控えめで規則正しいです。

時を得れば万物を育成し発展させますが、時を失えば万物の成長を拒絶し、他を受け入れるゆとりを失い、頑固になります。標準的になり、規則を作り、平穏で善良であることが求められます。

◆「卯」う・ぼう 陰の木 春 木性の旺気

卯は、茂る(しげる)・冒(ぼう)の意。草木が発生して地面を覆うようになった状態を表します。また、季節の門を開くの意もあります。

時代観察能力に優れ協調・協和を示し、組織や集団を作ります。政治や経済に優れ、活躍の場を模索し、何度も立ち上がる粘り強さを備えます。おとなしくて愛嬌もあり、ユーモアに富みます。人の心を捉える才能があり、情報を集める勘があります。

◆「七赤金気」

雑気★兌(酉)・西・少女・沢・秋・悦び・金銭・口・家庭・団欒・飲食・酒食・食品・弁能・弁説・談話・引退・遊興・贅沢・浪費・散財・遊び・恋愛・愛人・金融・銀行・経済・清潔・金属・財宝・堅実・礼・不満・不足・不十分・不注意・欠陥・手術・休息・背反・腹七分など。

天象★西風・降雨・暴風雨・荒れ模様・変わり易い天気・日没・夕暮れなど。

場所★沢・湖・窪地・溝・浅瀬・養鶏場・質屋・銀行・喫茶店・飲食店・料理店・花柳界・バー・スナック・キャバレー・アクセサリー店・ヨットハーバーなど。

事物★金物・刃物・鈴・どんぶり・上部に凹みのある物・修理した物・一部破損のある物・借金・先物取引・資産運用・金融活動など。

人事★少女・妾・後妻・舞妓・芸人・芸者・ホステス・キャバ嬢・接客業・仲介者・飲食店主・喫茶店主・金融業者・銀行員・営業員・歯医者・弁護士・講演者・通訳者・宝石商・七福神など。

生理★右肺・歯・口腔など。

飲食★辛味・酒・ワイン・甘酒・コーヒー・紅茶・ジュース・コーラ・カレー・キムチ・鶏肉・親子丼・鳥スープなど。

動物★猿・鶏・フラミンゴ・沢鳥など。

植物★桔梗・萩・藤袴・撫子・月見草・コスモス・すすき・秋草類・沼沢地帯の草木など。

◆「七赤金気の人」は?

弁能優れ、如才なく頭脳明晰。いくつになっても少女のように可愛らしい。幼少の頃に父親との縁が薄く、生死別の経験をして苦労をする場合があります。

発展性を失い、退廃的になりやすく、トラブルを起こしやすいともいわれます。また、楽天的で実行力が乏く、粘り強さが足りない面も。色情のことで失敗しやすく、趣味やレジャーの出費が多く、証書や文書の問題が起こり易くなります。多額の金銭を必要とする時は不足することがあります。

幼少の頃より辛苦した人は、他人の庇護を受けて成功します。両親の庇護の元で育った人は、傲慢、贅沢、浪費傾向となり、身を誤ります。表面を飾ることに囚われず、内面を磨き、心身を鍛錬し、謙虚で質素に、堅実に独立自営を志すをよしとします。

★★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★

「まとめ」

◆今月の干支「己卯」は、陰の土と陰の木で、天の気質と地の気質は「木剋土」の相剋。エネルギーは下から上へ流れます。干支番号16番。

◆「己卯」は別名「春の田園」。この干支を持つ人は、新しいことを始めるのが得意で、それが使命でもあります。

コミュニケーション能力は高く、テンポよく会話し、他人の面倒をよく見て、周囲の協力を生かして人脈を拡げます。相手を上手く取り込み、無理なく自分の意見を貫き通すことに長けています。

しかし、臨機応変に自分を変えることが苦手という不器用な一面も。創立期に強く、まとめ役で、動乱の時に力をあらわします。庶民の星です。

◆中宮「七赤金気」の定位は「西方」(酉・兌)に位置します。自然界では「沢」の意。沢は水が集まって出来るもので「湖・沼・湿地」などをあらわします。人体では「口」で、「雄弁・柔和・愛嬌」などを象徴します。

兌宮は、実りの秋と収穫の悦びの場所で、物質や金銭を生じるところから基本的には「経済」をあらわします。関連して家庭、団欒、飲食、遊興、贅沢、浪費、不満、不足、不十分、不注意、休息、背反などの象意が生まれ、これらに関する現象が発現し目立ちます。色は「赤」、素数は「4」と「9」。

主たる現象は「経済問題」。経済立て直しの為の政策転向やファイナンスシステムの再編、家計悪化による消費意欲低下の改善策など、経済の再生に向けての動きが注目を集めます。

世界35カ国の先進国が加盟している「経済協力開発機構(OECD)」という機関で、日本の経済成長率は21番目です。まさに「中程度の国」になったのではないでしょうか。かつてアメリカに次いでダントツ2位の経済力を誇った日本でしたが…。

おおむね「平和でいい時代だった」と分析されることの多い平成ですが、その一方で、昭和時代に築き上げた日本のトップレベルの経済力は、平成の30年で大きく後退してしまいました。

このまま令和の時代も、平成の延長で国力が衰退していくのか。令和時代を迎えた日本が抱える問題とは何なのか。世界の中の日本はどうあるべきなのか。経済のみならず政治や人々の生活、価値観、教育に至るまで、日本の全体像を眺めてみましょう。

現在の日本が抱える最大の問題は、なんといっても人口減少問題と超高齢社会の到来。少子化は労働人口の減少を招き、税収の減少を招く。団塊世代が70歳超となり人手不足を深刻化させ、労働生産性の低下を招いている。

そもそも少子高齢化の問題は、人口予測の失敗などから政府が適切な措置を取らなかったことに由来している要素が大きい。ところが、バブル崩壊後20年以上にわたって物価が上昇せず、賃金も上昇しない景気低迷のほうは、政府が莫大な公共投資や補助金をばらまいて景気を回復させようとしたにもかかわらず、一向に解決できていません。

しかも「アベノミクス」と称する異次元の量的緩和政策を実行し、マイナス金利まで導入して、経済政策としては史上最強とも言える強硬手段に出ましたが、残念ながら回復の兆しはありません。この経済政策は大きな賭けと言えるのですが、万一賭けが裏目に出たなら、日本経済は奈落の底に落ち込む可能性があります。

産業界の問題点としては、低い生産性、内部留保をためまくる大手企業、深刻な人手不足、新卒一括採用や終身雇用制を捨てられない日本企業の後進性、働き方改革でも修正できない女性活躍社会の壁が…。通信の革命と言われる「5G」も、韓国とアメリカが相次いでサービスの一部をスタートさせたが、日本は周波数の割り当てをここに来てやっと各社に決めたところ。明らかに政府が民間の技術革新を遅らせ、足を引っ張っている状況です。

日本がバブル崩壊後の景気低迷を脱することができない背景には、世界の潮流の最先端を独占するような独り勝ちの企業が少なく、本来なら淘汰されるべき企業が数多く生き残っている現実があるから…。そうした中小企業の多くは、国際的に第一線に躍り出ていく研究開発費もなければ、海外の有力企業をM&Aによって取り込んでいく、といった大胆な経営戦略や投資もできていない。

もともと生き残れなかった企業に、そんなパワーもなければ、人材もいない。その結果、日本企業の多くが国内だけで生き残ることを考え、日本ではつねに需要過多の状態が継続することになっています。日本がデフレから脱却できない理由の1つはコレ…。

次に「会話に関すること」が話題になります。コミュニケーションが低下する原因として考えられる一番の原因は「環境」です。急速なインターネット環境の普及や、人と接する機会の低下といった環境的な要因が招いているのでしょう。また、価値観の変化や生活環境の変化なども考えられます。普段の習慣によってコミュニケーション能力が低下している事も考えられるので、一概にどれが原因なのかを特定する事はなかなか難しいです。

コミュニケーションとは本来「会話のキャッチボール」のようなもの。本来、お互いに顔を合わせて話し合うことですが、SNSに文章を打てば、多くの人から共感を得る事ができ、遠くの人と価値観を共有する事ができます。しかし、遠くの人と繋がれる機会は増え、共感する人は多く見つかりますが、顔を合わせてコミュニケーションを取る事はできません。環境的な要因から、ご近所付き合いなどの気軽にコミュニケーションを取る機会そのものが減っているのかもしれません。

また、SNSによる仲間はずれやイジメの相談も増加傾向にあり、暴力事件などが新聞をにぎわせています。社会人でも、仕事中にスマートフォンをチェックし過ぎるせいでクビになる人もいるのだとか。パワハラやセクハラなど、ハラスメント(精神的な暴力や嫌がらせ)は、誰もが加害者になりうることを認識しておきましょう。

経済の立て直しにはコミュニケーションを図りながら協力を促しますが、その時「わかりやすく納得する話し方」が求められます。人が納得するときというのは、それがまるで現実に起こりうるかのようにしっかりと頭にイメージ出来たとき。イメージが出来なければ、どうしても他人ごとのように感じて納得できません。感情的になれば相手も感情的になり、話を受け付けなくなるのは言うまでもありません。

また今月は「楽しさ」を求める傾向にもなります。癒される雰囲気が流行し、美しい詩やメロディが注目され、活用されることでしょう。そして、少女や若い女性が活躍します。「不足・不満」も生じやすく説明不足や意味不明な事象も起こります。七赤金気の特徴「三分の一不足」を心得ている人は、気持ちにゆとりが持てますので、災禍を未然に防ぐことが出来るでしょう。

とは言え、何事にも不足や不満を感じ、そこを埋めようとついついヤリ過ぎる傾向にあります。また、何をするにも億劫で面倒くさく感じたり、愚痴や不満を口にしたりもしてしまいそうです。それによって周囲から反発を受けたり、仕返しをされたりされないよう注意が必要です。トゲのある一言や、イヤミの連発、無駄口を叩いては嫌われますのでやめておきましょう。暴飲暴食などに走れば健康を害する危険もありますので注意されてください。

◆善きにつけ悪しきにつけ流行をもたらす月建の気は「卯」で「五黄土気」が回座します。五黄土気は無から有を生じるという良い面も持ちますが、なんといっても万物の土化と腐敗の作用が強力です。

物事にはすべて「陰陽」(表裏)があり、その両方を見てはじめて実体がわかるもの。目の前に並んだ事柄だけに振り回されていては、将来に並び続く可能性は低いもの。長期的に積み上げていく地道な努力が必要で、その結果、新しい物事が誕生し、発展に向けて動いていくのです。

消滅・腐敗・悪化・失敗・破産・廃物・毒物などの現象が生じやすく、強請や暴力も起こりやすく、天変地異も心配です。その他、忘れ物、落し物、盗難、火災による焼失、発熱、食中毒、伝染病などの象意があらわれます。傷物や紛い物を掴まされないよう慎重に対応されてください。その他、自殺・誘拐、食糧危機・食中毒・交通機関等の事故などにも用心してください。

【新型コロナウイルス感染症】

人に感染する「コロナウイルス」はこれまでに7種類見つかっており、その中の一つが昨年12月以降に問題となっている、いわゆる「新型コロナウイルス(SARS-CoV2)」です。

4種類のウイルスは、一般の風邪の原因の10~15%(流行期は35%)を占め、多くは軽症です。残りの2種類のウイルスは、2002年に発生した「重症急性呼吸器症候群(SARS)」や2012年以降発生している「中東呼吸器症候群(MERS)」です。

コロナウイルスはあらゆる動物に感染しますが、種類の違う他の動物に感染することは稀です。また、アルコール消毒(70%)などで感染力を失うことが知られています。

飛沫感染=感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つば)と一緒にウイルスが放出され、他者がそのウイルスを口や鼻から吸い込んで感染します。接触感染=感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、自らの手で周りの物に触れてウイルスを付着させます。未感染者がその部分に接触すると感染者のウイルスが未感染者の手に付着し、感染者に直接接触しなくても感染します。

1「手洗い」ドアノブや電車のつり革など様々なものに触れることにより、自分の手にもウイルスが付着している可能性があります。外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに手を洗います。

2「適度な湿度を保つ」空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。乾燥しやすい室内では加湿器などを使って、適切な湿度(50~60%)を保ちます。

3「感染が疑われる人は」発熱などのかぜ症状がある場合は、仕事や学校を休み、外出やイベントなどへの参加は控えてください。感染拡大の防止にもつながる大切な行動です。

感染のご心配に限っては、最寄りの保健所などに設置される「帰国者・接触者相談センター」 にお問い合わせを。

【感染しないようにするために】

一般的な感染症対策や健康管理を心がけてください。具体的には、石けんによる手洗いや手指消毒用アルコールによる消毒などを行い、できる限り混雑した場所を避けてください。

また、人込みの多い場所は避けましょう。屋内でお互いの距離が十分に確保できない状況で一定時間を過ごすときはご注意下さい。

過度の不安や恐怖心はよくありません。普段から十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めておきましょう。恐れる前に出来ることをやり、安心材料を増やしておきましょう。

◆巽宮に廻った「六白金気」は「定位対冲」となります。六白金気の定位は「乾」で、国家・政治・経済・企業・トップ・父・主人・夫などが代表象意です。また、六白は太陽を示し、天と仰ぎ、神と崇めるところの本体ですが、循環が滞って災禍が起こりやすくなります。国家、政府、官庁、神社、仏閣、信仰、健康、経営者、投資家、首相、大臣、資本家、戦争、機械、交通機関、懐妊、4歳以下の幼児の問題が生じやすく、逆風が吹き、トップの座にある方々には苦難の多い月となるでしょう。

国家事業や大企業の破綻、国同士の争いによる経済悪化、大金が絡んだ事件、投機投資の失敗、後援者との反目、融資先や銀行との関係の悪変も予想されます。名誉や面子に関わる争い、周囲からの批判、海外や流通機関の諸問題、名誉毀損などの事件や訴訟などの話題も多く、内容は闘争的な激しさがうかがえます。

個人においては、上司や目上、父親との衝突など、論争が起これば足下をすくわれますのでご注意下さい。資本や資産、投機問題も浮上しますが、金融の流れがスムーズに行かず纏まりません。金銭トラブルも生じやすく、特に貸借、保証人依頼などは厳禁です。

強引な運転による交通事故の多発も懸念されます。運転する方はスピードを控えめに、運転されない方も交差点や信号待ちでは一歩後ろへさがって待つなど、くれぐれもご用心ください。また、手術ミスも懸念されますから、万一、事故での治療は吉方を心掛けてください。

◆兌宮に回った「九紫火気」は「暗剣殺」を伴い「月破」となります。「九紫火気」の最も代表的象意は「火・炎」。九紫火気の定位は「南方」(午・離)に位置し、熱・光・明など、陽を司る気とします。

九紫火気は、先見する、決断・判断、裁判、診断、審査、名誉などが主たる象意ですが、「暗剣殺」を伴うことから、何事も目的に到達しずらく、発展の道を見失い、何が何でも進めようと強引に動けばトラブルが多発し、思いもよらぬ展開に至るという強烈な気に悩まされることになります。

不正な判定、なりすまし、ミス、偽の事件などが発生しやすく、名誉失墜につながるトラブルの多発が懸念されます。日本の法律に準じた行動、振る舞いを行っていない場合は、犯罪の疑惑が持たれてしまう…。「知りませんでした」では済まされない不正ということについて、知っておかなければならないでしょう。

暗剣殺は他動的(自らの意志によらず他から動かされるさま)に事が起こります。化粧・装飾の象意からみても表面が飾られ、華美に目立つようになり、何事も実体以上にアピールされて過激さがエスカレートします。

舌禍の難、刃物沙汰、貸借に関するトラブル、重要文書や印鑑の問題、金銭絡みの不祥事、医薬・教育・美容・裁判・警察の事件、家庭内トラブル、芸能や娯楽、宗教問題、火災や爆発を心配します。縁切り、別離、別居、切断、分離、隔離、脱退、除名、破門、秘密の暴露や露呈、名誉や面子に関わる争い、批判、名誉毀損や侮辱罪などの事件や訴訟などの現象も激しく表れます。噴火、火災、爆発、焼死、医療ミス、警察の不祥事、政治家のトラブル、裁判沙汰など、人や物の離合集散も顕著でしょう。

経済は不振続き、収入と支出のバランスも狂い、立派に見える話ほど利益どころか損失を招く懸念があります。見込んでいた収入も入らなくなったり、家庭不和を生じたり、甘い言葉に近寄れば金銭トラブルに発展しかねません。

前向きな気持ちを削がれるようなことが次々と起こって無気力になり、引退気分が生じて怠け癖や遊び癖が頭をもたげてきます。不況の中で生じる不足・不満は爆発し、舌禍がもとで面倒な争いを生じます。余計な一言を発してトラブルにならないよう十分にご注意ください。

◆「小利を見れば即ち大事成らず」目先の小さな利益に囚われれば、大きな仕事は出来ないの意。小利は小さな利益。目先の事象だけでなく全体を見よ、という意味です。目先の欲に囚われ邪(よこしま)な思考に支配されませんように。自己中心的な振る舞いはしませんように。強引に何かを得ようとすれば、既に得ている大切なものまで失い兼ねません。

繰り返しますが、食べる事、喋る事にも十分ご注意を。数の不足やつり銭のミスのないよう再度確認を怠りなく。相談事に素っ気無い返事をされたりする場合もありましょうが、多少の不満は「前向きに、なかったことに」しておきましょう。

七赤金気の掛象を八掛で表すと、陽が一爻(こう)不足しているということで、三分の一不足と読みます。不足、不満、腹七分は何事にも付いてまわるという今月。過分な動きは禁物。謙虚で控えめな姿勢が望まれます。贅沢も見送って正解です。不足不満を感じたら、これを生かして満足を得る為に頑張ろう!と、発想の転換を図って歩んで参りましょう。

◆天候は西風、降雨、暴風雨。荒れ模様で変わり易いお天気です。2019年3月の東京の平均気温は10.6度。最高気温は15.4度。湿度は60%。日照時間は177.3時間。降水量は117.5㎜でした。

◆健康面では、扁桃腺炎、喘息などの呼吸器系の疾患。虫歯や口内炎などの口腔内の疾患、性病・血行不順・腎臓病・胸部疾患・打ち身など。ストレスが原因の疾患、暴飲暴食による体調不良、高血圧・心臓病、胃腸の疾患、糖尿病、循環器系の疾患にも要注意です。手術を要する場合があります。刃物の取り扱い誤りには十分ご注意ください。

◆祐気尅気の発現◆過去に「祐気」として七赤金気を用いている場合、会食や酒宴など楽しい誘いが増えて悦びごとに恵まれます。金銭の流れを始め、物事が順調に運ぶようになります。金運がアップし収入が増え、臨時収入も期待できます。

「尅気」として用いている場合は、華美な生活や派手な遊びに目が向き、駄弁となり、失言や無作法な言動から口論が起こります。引退気分が起こり、怠け癖や遊び癖が付いて飲食に溺れ、贅沢になって浪費し、異性関係で身を誤り、金銭的に追い込まれます。

★★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★

今月は「年盤と月盤が同じ気で重なる=同気同会の月」となります。同じ気が重なることによって各気の作用は強化され、現象が一層はっきりと現れます。

吉凶は動より生ず。是非!60年分のラッキーを取りにお出掛けください。各人、祐気方位を確認し、体調を整えて、しっかり大祐気を取りましょう!

★★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★

お水取り お砂取り 祐気取り 「吉方位での過ごし方」

「採水」(さいすい)とは、「お水取り」(おみずとり)のことで、祐気方位にある湧き水や井戸水を、日にちと時間を合わせて汲んだものを飲み、開運に用いる手段をいいます。

お水をいただくには、安全性や汲むことが出来る時間帯を、前もって管理者(御神水なら神社、観光地なら役場など)に確認する必要があります。

持ち帰った水は密閉して冷蔵庫に保管し、3~4日のうちに使い切りましょう。但し、その方位が尅気にあたる人には触らせないこと。現在は、病気などで外出できない方の為に、かわりに採水をする事が多いようです。

一般の祐気取りの場合は、この日時に合わせて目的地にとどまることで充分に効果があります。祐気撰用地に温泉地を選べば、その湯に浸かって全身で大地の気を浴びることになります。

祐気取りに出掛ける時は、自宅で一時間以上過ごしてから出掛けます。目的地に到着するまで、なるべく寄り道はしません。目的の方位から外れてしまうことがあるからです。

目的地に到着したら深呼吸。天の気、地の気を身体にいっぱい取り入れて下さい。温泉に入って、その土地の産物を召し上がって下さい。何よりも、ゆっくり、のんびり過ごして「祐気取りに来たんだ!」と思えることが一番です。歴史を訪ねたり、文化に触れたり、その土地の神様にもご挨拶できるといいでしょう。

帰り道は、やはり寄り道はしません。せっかくの祐気を途中に落としてしまうからです。お土産持ってお友達の家に寄って長居してしまった…なんて、勿体無いですから真っ直ぐ家に帰りましょう。家に着いたら、1時間程のんびり過ごして祐気を家の中に降ろします。

その後は、撰用した祐気の現象に合わせた努力をします。たとえば、二黒土気を撰用した場合の象意は「勤労意欲が培われる」「土地不動産に関する朗報あり」などですが、そのように努力することによってのみ、成果が現れるものです。何もせずに幸運は降って来ません。

撰用した方位は手帳にメモしておきます。これは、後に祐気や尅気の現象を確認する為の資料になります。

「運が悪い」と思う人はまず祐気採りをお勧めします。祐気採りをするとトラブルが自然と消えたり、今までの努力の成果が報われたり、大自然が自分の味方をしてくれるようになります。

「運が良い」と思う人は祐気採りを楽しく実行しています。太極の強化により健康が保持され、精神が安定し、運気が向上します。

ぜひ祐気を取りにお出掛け下さい。自分では気がつかなくても、祐気取りによって確実に運気が上がっていきます。 ○o。..:*・(uωu人)・*:..。o○

★★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★

~祐気取りのすすめ!~

開運・運気上昇の為の必須アイテム ≪2020年度版≫ 絶賛発売中!

恋愛運?結婚運?名誉名声運?仕事運?スポンサー運?家庭運?金運?
欲しい運を確実にUPさせる開運必需品!大祐気旅行計画を立てましょう!

☆「年間祐気取り計画表2020」 A4版12枚+解説 ¥15.000-(税別)☆

→info@yunmu.jp お名前・生年月日・送付先のご住所をお知らせください。

また、祐気取りを使った開運法も伝授致しておりますのでお問い合わせください。

★★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★

「今月の祐気方位」

◇採水日  16(月) 25(水)

◇採水時間 午前11~午後1時

※但し、「16(月)の坎方」は選用不可。また、「午前11~午後1時の坎方」は採水出来ませんのでご注意ください。

※選用する方位がない場合は、墓参をお勧めします。墓参は方位を選びません。代理人が採水の場合にはお問い合わせ下さい。長期または遠方への移動、旅行、引越しや増改築についても注意が必要ですのでお問い合わせ下さい。

★★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★

「今月の祐気方位と象意」

注★祐気として選用できる人がこの方位に動いた場合の象意です。各人の祐気方位を確認の上、お間違いのないようお願い致します。選用方位に心配のある方はお問い合わせ下さい。

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇

◇離【南】二黒土気◇ ※年の気としては「歳破」ですのでご注意ください
★選用できる人★五黄土星・六白金星・七赤金星・八白土星・九紫火星の人

奉仕の精神が身に付き、人の為に尽くす力が培われ、勤労意欲が湧きます。日頃の奉仕が報われ、努力が認められます。仕舞いまで丁寧に、慎重に行動出来るようになります。コツコツと仕事に打ち込めるようになります。生活に落ち着きを取り戻すことが出来、精神的にも肉体的にも余裕が生まれます。土地や不動産に関する問題が有利に運びます。妻・母・姑・年配の女性との関係が良好になります。誠実さが養われ、謙虚に振舞えるようになります。慈愛や奉仕の心が生まれます。

また、心眼晴れて先見性が培われ、判断力増して物事がスムーズに処理出来るようになります。日々の努力が認められ、表彰や昇進など名誉的なことが起こり、魅力的になって人を引き付けるようになります。

※病気の治癒:胃腸病・消化不良・疲労回復に効果が期待できます。精神疲労の激しい労働をされる方には、脳を休ませられる方位です。

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇

◇坤「南西」四緑木気◇
★選用できる人★三碧木星・九紫火星の人

人の往来が増して商売が繁盛し、人脈が広がってチャンスが舞い込みます。良い評判は遠方まで広がり、商談や取引きがスムーズに運ぶようになります。詰めの甘さが軽減され、すべてが調子良く運び、信用が得られて良好な結果が期待できます。心にゆとりが生まれ、物事の調整が図れるようになります。縁談や商談、新しい出会いが期待できます。遠方との新しい縁が生じ、良い情報が届きます。物事の風通しが良くなり発展します。恋愛や結婚のチャンスが訪れますので、未婚の方は是非選用されて下さい。

また、コツコツと仕事に打ち込めるようになり、生活に落ち着きを取り戻すことが出来て精神的にも肉体的にも余裕が生まれます。日頃の奉仕が報われ、努力が認められます。

※病気の治癒:風邪に原因のある疾病・流感・呼吸器・腸の弱い人に効果があります。体調が整います。

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇

◇乾【北西】八白土気◇
★選用できる人★二黒土星・五黄土星・七赤金星・九紫火星の人

身内や組織、土地問題や相続問題など、停滞していた物事に良い変化が生じ、有利に運ぶようになります。良い意味で身内意識が高まり、現状を打開するための糸口が見つかり、家族や組織の結束が強化されます。悪い流れがあればそれを停止させ、好転させる効果があります。不動産、相続、後継者問題が好転します。貯蓄の習慣が身に付き、財に恵まれる金運上昇方位で、貯蓄を始めるのに良い方位で大きな貯えになります。

また、社会的な地位や名誉のある人の引き立てが期待でき、有力な先輩やスポンサーとの出会いに恵まれます。仕事の流れがスムーズになり、大口の取引などがこなせるようになります。

※病気の治癒:脊髄・神経痛・リウマチ・鼻の疾患・関節炎など、病気が変化して快方に向かいます。

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇

◇坎「北」三碧木気
★選用できる人★一白水星・四緑木星・九紫火星の人

若々しいエネルギーとセンスが身に付き、注目と脚光を浴びます。斬新なアイデアや閃きが生じ、前向きで発展的な発想をする力が養われ、明るい気分になって物事が進展します。発明、発見が起こり、積極的になります。何事にも意欲的になり、目的希望に発展の兆しが現れ、成功に導くことが出来ます。若者や新人、部下との交流がスムーズになります。

また、親愛の情に恵まれ、親密な人間関係が生まれます。縁が始まれば結びつき深く、温かく長いお付き合いとなります。恋愛の復活も期待できます。

※病気の治癒:神経痛・脚気・胃痙攣・筋の病に効果があります。肝臓が強くなり元気になります。

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇

◇艮「北東」一白水気
★選用できる人★三碧木星・六白金星・七赤金星の人

人の痛みを気遣う心が養われ、秘密が守れるようになり、人間関係が改善されます。沈思黙考することが出来るようになり、忍耐力が培われ、落ち着いた行動が取れるようになります。慎重さが身に付きます。隠しておきたい事柄が守られるようになります。陰の取引が上手く運ぶ方位です。親愛の情に恵まれ、親密な人間関係が生まれます。縁が始まれば結びつき深く、温かく長いお付き合いとなります。恋愛の復活も期待できます。不眠症の改善に良い方位です。

また、悪い流れがあればそれを停止させ、好転させる効果があります。良い意味で身内意識が高まり、現状を打開するための糸口が見つかり、家族や組織の結束が強化されます。

※病気の治癒:貧血・子宮・痔疾・腎臓病などに効果があります。白血球が増し、血行が良くなります。

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

「今月の尅気方位と象意」

どなた様も犯してはならない凶殺方位です。目的は達成せず、悪い評判を受けたり、見込み違いを起こすという凶意が起こります。多くは病気に罹ります。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

◆震【東】五黄土気◆ 五黄殺

どなたが選用されても方災となります。
五黄土星の人は本命殺・二黒土星の人は的殺の「重大凶殺方位」です。

自己中心的になり、力量を考えない行動を取るようになります。何をするにも損得勘定を働かせるようになり、恩着せがましくなります。争いを好むようになり、やるべき事を怠けて利益を得ようと、邪悪な発想をするようになります。全てに行き詰まり困窮を極めます。諸事裏目に出るようになり、物事は破れます。事故が起これば重大事故になり大怪我をしたり、大借金を背負う羽目になり、全てに行き詰まり困窮を極めます。自火を発して、一夜で乞食となります。

この方位で縁が出来た人間関係は悪く、恋の相手には、心だけでなく財も奪われることになります。

また、華美な生活や派手な遊びに目が向き、異性にお金を巻き上げられたり、男性に裏切られたり、人に騙されて苦労します。詐欺に掛かります。

※方災による疾病:古い病の再発・持病の悪化・伝染病・流行性感染症・中毒・悪性腫瘍・癌・脳腫瘍・脳溢血・交通事故など。

「五黄殺方位」を犯すと、あらゆる悩みや苦しみに遭います。孤独・貧困・異性問題・友人との離別・強請・盗難などの難が起こります。欲を出して人と争い、騙されて財を失い、目的は破れて発展の途を失い、窮地に陥ります。運勢がじわじわと衰退し、形を滅し、成るものも破れてその生命を失い破綻します。職を失い、財は減じ、病人死者が続出して一家全滅の悲嘆に陥ることになります。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

◆巽「南東」六白金気◆ 定位対冲

どなたが選用されても方災となります。
六白金星の人は本命殺・八白土星の人は的殺の重大凶殺方位です。

自己を過信して大風呂敷を広げ、手に余り窮地に陥ります。間違った判断や決断、指示を下して統率力を失います。争い事を好むようになり、喧嘩に明け暮れるようになります。高慢な態度を取るようになって嫌われます。目上や後援者との反目が起こり、融資先や銀行との関係が悪化します。金運が著しく低下し、貯金や財産が大きく減少します。投機や投資で大失敗します。事故が起これば重大事故に至り、大怪我をしたり大借金を背負う羽目に陥り、生活が一変して浮き上がれなくなります。

また、思い違い勘違いによる連絡ミスや行き違いが起こり、段取りも狂って信用を落とします。悪い噂は遠方まで広まり、信用を失って取引停止に追い込まれます。

※方災による疾病:頭痛・高血圧・脳溢血・肋膜炎・むくみ・過労・怪我。交通事故に注意。

「定位対冲方位」は、五黄土気中宮以外のすべての方位盤に1方位づつあります。そこに回った「各気の持つ本質の剋気」が生じます。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

◆兌「西」九紫火気◆ 暗剣殺

どなたが選用されても方災となります。
九紫火星の人は本命殺・五黄土星の人は的殺の重大凶殺方位です。

公難・訴訟・裁判・手形・文書・印鑑の禍や親しい人との離別など、トラブルが次々と起こります。真相解明に邪魔が入ります。心眼が曇り、精神がもうろうとします。喧嘩が起こり、離縁離婚に至ります。親しい人の離反が起こり、警察沙汰や裁判沙汰になります。訴訟に敗れ、地位と名誉を失います。華美な生活を好むようになり、周囲から無視されるようになります。争いが起こって名誉失墜の憂き目に遭い破綻します。異性問題が起こり、悪縁が切れなくなり、精神的に病みます。印章・文章のことで牢獄の難を受けます。薬品による殺傷や剣難が起こります。火難は類焼です。

また、飲食に溺れ、贅沢になって浪費し、金銭的に追い込まれます。異性関係で身を誤ります。舌禍の難に見舞われ、散財した挙句に交際が絶たれます。争いに巻き込まれ刃傷沙汰に及びます。

※方災による疾病:頭痛・眼疾・心臓病・不眠症・喘息・咽喉カタル・歯痛・火傷など。

「暗剣殺」は、強烈な殺力を持った方位です。この方位を犯して滅亡を逃れることはありません。この方位に向かって移転・縁組・新築・増築・動土・造作等を行えば、すべてが壊滅の一途を辿ります。

厄災(予期せぬ出来事)は外から、しかも早急にもたらされます。読んで字のごとく「暗闇から剣が出て殺される」です。他によって突発的に起こり、気付かぬうちに大きな渦に巻き込まれます。

「破」は、強烈な破壊力を持った方位です。この方位を侵すと、自らの行動が原因でトラブルとなり、人間関係で不愉快な思いをします。有形無形に関わらず、やる事なす事まったく上手く行かず、諸事において予想外のまさかの出来事を生じ、想定外の展開が起こって目的はことごとく破れます。

■■■今月「東方」⇔「西方」への移動は「大凶」です■■■

この方位に長期遠方旅行、移転など行なえば、どんな凶意が起こるか計り知れませんし、後にその凶象を逃れる方法もありません。過去に幾度となく相談を受けましたが、様々に手を尽くしても凶象を逃れた験しがありません。どなた様も絶対に選用すべきではありませんので、移動には十分にご注意下さい。

=方災について=

「本命殺」方位を侵した場合、病気や怪我など、主に健康面に作用し、錯覚や思い込みから自閉的になり、ひどい場合は自殺にまで至ります。作用は自動的です。

「本命的殺」方位を侵した場合、自分の過失が多くなるなど、本命殺同様に主に健康面に作用しますが、その作用は他動的です。

「空亡」空亡は時の災禍を特徴とします。新築・結婚・移居・転職・開業など、発展的な事柄の始動は結実しないとされています。

「吉方・祐気」「凶方・尅気」とは、その方位にそのような作用が働くという事です。以前からこの方位への引越しや往復があれば象意は軽減されます。また、一泊以上の旅行などは年盤の作用も含めて発現します。

「事の吉凶を問わず、結果には必ず原因があります」気学では、病気に罹ったり災難に遭うのは、尅気の作用と考えます。普段、知らずのうちに尅気を犯していることが多いので、その尅気現象の解消に効果のある祐気取りをおすすめしています。難を避ける努力をすれば、大難は小難に、小難は無難になり得ます。

「運が悪い」と思う人はまず祐気採りをお勧めします。祐気採りをするとトラブルが自然と消えたり、今までの努力の成果が報われたり、大自然が自分の味方をしてくれるようになります。

「運が良い」と思う人は祐気採りを楽しく実行しています。太極の強化により健康が保持され、精神が安定し、運気が向上します。

ぜひ祐気を取りにお出掛け下さい。自分では気がつかなくても、祐気取りによって確実に運気が上がっていきます。○o。..:*・(uωu人)・*:..。yunmu o○

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。